福岡リハビリテーション病院 | ろこも予防情報サイト 提供 シティ情報ふくおか 福岡リハビリテーション病院

12

福岡リハビリテーション病院 整形外科専門医 久保 勝裕先生

【専門】脊椎・脊髄外科
・日本整形外科学会 《専門医》
・日本脊椎脊髄病学会 《指導医》

足がしびれる、痛い・・・
その症状、脊柱管狭窄症かも
酷くなる前に専門医の受診を

中年期以降の方でお尻から足にかけてしびれがあったり痛みがある時は脊柱管狭窄症である可能性があります。特に、歩いているとどんどん足がしびれたり痛くなったりして歩けなくなります。
しかし前かがみになって休むと楽になり、また歩けるといった症状(間欠跛行)が見られるのが特徴的です。
血液を送っている動脈が塞がってしまう下肢閉塞性動脈硬化症でも足がしびれたり痛んだりと似た症状ですが、大きく違うのは前かがみになると楽になる間欠跛行の症状があることです。
歩きにくいのに自転車だと楽に移動ができるという場合は脊柱管狭窄症の可能性を疑ってみてください。また脊柱管狭窄症の症状が悪化すると便秘や歩行時に尿意を催したり夜間頻尿が起きたり、酷くなると尿が出なくなったりする膀胱直腸障害も起こってきます。
歩くのが辛いほどの足のしびれや痛みを感じたらできるだけ早めに受診をしてください。その際、脊柱管狭窄症か下肢閉塞性動脈硬化症か迷ったら、整形外科か血管外科の受診をオススメします。いずれの医師も脊柱管狭窄症か下肢閉塞性動脈硬化症かを適正に見分けてくれますので安心して受診してください。
整形外科では問診とレントゲンで症状が分かる場合が多いですが、必要な時は神経の圧迫程度を確認できるMRI検査を行います。

◎脊柱管は加齢により狭くなっていく

背骨の中には穴が空いています。脳からの命令は首から腰まである背骨の中の穴、つまり〈脊柱管〉の中を通っている神経によって伝達されるのです。
しかし脊柱管自体が狭くなってしまうと、その中にある脊髄神経が入った袋〈硬膜〉が圧迫されることになります。それにより様々な不具合が起こる症状を脊柱管狭窄症と言います。どんな人でも年齢と共に脊柱管は徐々に狭くなっていきます。
ただ、全ての人に症状が出るとは限りません。また症状の程度も人それぞれです。少ししか狭窄しない人もいれば、見えなくなるくらい潰れる人もいます。1カ所だけの人や何カ所も狭窄する人も。坐骨神経痛がある人も脊柱管狭窄症であることが多いです。

治療法として、まずは保存的治療が主になってきます。鎮痛剤や神経にいく血の巡りを良くする薬などの投薬治療とリハビリです。これらで症状が良くなる人が多いですが有効な予防法というものは特にありません。脊柱管狭窄症は突然酷い症状が出るということはあまりありません。
多くの人は徐々に症状が出てきます。なので違和感を感じた時に受診すれば軽い症状の内に対応ができます。

福岡リハビリテーション病院のリハビリでは、自宅でできるトレーニングも教えてくれます。死ぬまで〈自分の足でしっかりと歩く〉ことは大事です!
痛みは我慢せずに受診して、程よい運動をしながら自分で歩ける〈力〉をつけていきましょう。

取材協力

福岡リハビリテーション病院

☎092-812-1880
福岡市西区野方7丁目770
http://frh.or.jp

掲載日:2016年07月

PAGE TOP

監修:福岡リハビリテーション病院